農園の日々
イタリア 日記の記事一覧

2015.07.05 22:56

養蜂農家さん

6/30はピエモンテ州のカルーゾという町の

養蜂農家さんのアンドレアさんの所へ

ん?アンドレアさん?野菜農家さんもアンドレアさんだったぞ?
アンドレア続きました〜

始めに、はちみつの食べ比べをさせてくれました

{F1D7BCCB-868A-4B62-B2A7-86034B61CE18:01}
左から…
さくら
ユーカリ
アカシア
シャクナゲ
オレンジ
しなの木
くり
そんなにあるのかよ〜
そんな沢山の種類のはちみつがある中で、アカシアの蜂蜜は昨年のコンクールで世界で2位を取ったそうです♡すご〜い
{82C51568-AE55-46ED-B9D9-097CB0450AF6:01}
さくらの蜂蜜はとっても難しいらしく、50年のうちに2回しか取れてないらしく、採れた時はガッツポーズもんだったそう。という事はアンドレアさんは初めて
蜂蜜の食べ比べの後はアンドレアさんの運転する車に乗って、施設を案内してもらいました。
イタリア人…車飛ばす飛ばす…
一般道で90キロはあたりまえ…
怖かった〜

{7AD9E917-359F-499C-8EA5-9E23BED7E307:01}
蜜が溜まったものを遠心分離機にかける↓

{A33D99A6-40FD-4809-AAFE-0F45225AD35F:01}
おおおおおぉ〜回る回る〜
そして出てきた〜

↓これは栗の蜂蜜

{CF7268AF-E3B0-4EBD-8D9F-40EB6E1795ED:01}
その後は、蜂の巣箱へ…
完全防備(o◞ิ‿◟ิo)

{3B184B38-573B-4B31-9642-9C130437D5B2:01}
↓びびる〜蜂が怖くてあまり近づけな〜い

{EE38E0DF-8290-4728-A14C-2C79E8BCE94E:01}
って母ちゃん‼️無防備すぎて怖い〜(笑)
もう、免疫がついて刺されても痛くないらしい…すごいぞ母ちゃん‼️

{08B31270-D433-47CA-9731-2B196AD86762:01}
蜜の集まり具合を確認
↓うぉ〜女王蜂発見

{F6519B46-037D-4674-85F4-FD513DC0F91F:01}
子分がウジョウジョ〜
↓そしていよいよ母ちゃん登場〜
蜂を強風で飛ばして蜂蜜採取の準備容赦なくぶっ飛ばしてて笑えた〜(笑)

{E81D3E64-A18C-42D5-9090-112B500645B3:01}
↓後ろから見学^ ^

{65B9B907-194A-461C-9F1B-59056192E98D:01}
その後は、アンドレアさんの自宅に併設されている、加工場と直売所へ

{40695260-9857-4A73-95F1-1BE9D336E942:01}

{6CD695F5-F235-4477-BB04-E49910F60A78:01}
wアンドレア…どちらもしっかりとした加工場を持っていました
そして、直売所を併設。いいな…♡直売所、毎日は開けてなくても、お客さんが来た時にすぐに案内出来るような場所…お客さんとのコミュニケーションを取る為の場所になっているそうです
 良いな〜♪

{918A479F-B879-4BEC-AAE3-53A1C5E46EA1:01}

アンドレアさんの蜂蜜は日本にも輸出されているそうです♡♡

蜂…怖かったけど…楽しかったな♡

次はワイン農家さん😊

—–

カテゴリー:イタリア 日記

2015.07.05 18:52

ピエモンテ州へ

熊本は今日も雨…☔️

旅の記録再スタートです😊

6/29はピエモンテ州に移動🚗

ついに野菜農家さんへ

アンドレアさん😊

ランチはアンドレアさんのやっているアグリツリズモのレストランにて

{6D81634E-D9EE-4CBC-BD2B-82A1B936A05A:01}
農家だから出来るアグリツリズモをするにはいろいろな決まりがあるようです。
ここピエモンテ州の法律では、レストランで使う食材などは自分の農園で作るもので足りない物はスーパーで買ってはいけないという決まりがあるそうで、他の農家さんから購入する事になっているそうです。
他にも、アグリツリズモのでの収入は農産物の売上げを上回ってはいけないという決まりなど、
農産物の栽培の安定と、農園の経営向上の為に法律がある事に驚きました😊
{6F6D5D61-D0EC-49F5-8312-640FAD2C6EEB:01}
アンドレアさんの農園では
・農産物の栽培はアンドレアさんと従業員
・レストランと加工はお姉さんと従業員
・販売や営業はアンドレアさんの奥さん
という役割分担をし12名でされています
年間50種類の野菜と16種類のフルーツを栽培しているアンドレアさん😊
食事の後は
畑を案内してくれました♪
私たちが、野菜農家という事で本当に時間をかけて丁寧に説明してくれて私たちからの沢山の質問にも全て答えてくれました。

{34323C50-AC15-4702-A352-9B539578536B:01}
まず畑を足を踏み入れてまず思う事は…
‘土が乾いてる…’
本当にカラカラのカラッカラ‼️
「カラカラね。」
「本当にカラカラやね。」
「カラカラすぎるね。」
2人でこんな会話ばかり(笑)

堆肥も見せてくれました。

{439636BD-0EC9-48C1-8585-C1ECDD53386A:01}
ここでは年中出来るというレタス↓

{1DF2AA57-082C-4F2E-B0F9-41382E2C8880:01}
夏に葉物が出来るのは羨ましいな〜

{B1615943-A865-418A-B1E2-0CDDF45194BD:01}
↓このレタスの風景うちでもよくある感じ♡

{BB4821BC-7E10-431E-B22B-2D57C257A715:01}
機械もたくさん見せてくれましたよ〜😊

{744A0AEB-CF70-4DF3-BB2B-AADEFCFA7213:01}
↓苗を2人植えていく機械‼️

{441B4695-ED85-4B26-A5C5-534FE1C329CC:01}

{3EBD9ED2-CA5B-4503-AE73-884166350EC2:01}

↑これすごい‼️マルチに穴を開けて苗を定植しながら進んでいくそうです😳😳すごい…良いな♡


そして敷地内には、昔アンドレアさんのお父さんが養豚をしていた小屋があり、そこを改築して加工場と直売所にしてありました😊

わ😊うちと一緒だ♡
うちはじいちゃんと父ちゃんがしていた、馬小屋を使って😊

{8605CCA0-3B82-4A8B-9355-6CDC16940F92:01}

{A1D661FB-5E26-4E06-B007-B3F1714A4E81:01}

{767C72DB-3E4A-4168-B66A-6861A4144BD1:01}

{F734B0F9-06BA-4E8A-9A9C-1A1993F9AFE7:01}
しっかりとした施設で農産物の栽培とレストランから加工までされているアンドレアさんですが
最初は野菜の栽培だけだったそうで
1996年に野菜start
2003年に加工場start
2009年にアグリツリズモstart
と少しづつ進んでいった。
その歩みの話が私たちにとってもすごい良い刺激となり、とっても勉強になりました。

{AE351729-537F-4350-9473-922E98C7D161:01}

イタリアの農業…面白いぞ‼️


あ〜上手くまとめれないけど、とにかくたくさんの刺激の連続でした。

私たちが日本で栽培するイタリアの野菜。こちらでは当たり前の野菜で、日本で栽培している時に疑問に思っていた事も無事に解決しました😊

ただ、一番痛感したのは気候の違い。
気候が違いすぎる。その中で今までよく日本で出来ていたな…と思うくらい。
イタリアの気候や文化を知る事で、これからの栽培に上手く活用出来そうで本当に行ってよかったと思いました。

これは就農前にイタリアに行っても気付けていなかった日本とイタリアの違いだと思い、三年やった今、行けた事が本当によかったと思います😊

さっ次は養蜂農家さんへ♪

—–

カテゴリー:イタリア 日記

2015.07.04 19:32

帰国

ただいま日本🇯🇵

そしてただいま農園♡

畑をパトロールすると…
ひどい豪雨だったらしい爪跡がたくさんありましたが…

{78CD5CD2-D084-482F-9445-2EE699E01D4E:01}

{90F71BB4-448F-4A8A-80EB-1FB8E16E8341:01}

そんな中でも今シーズン初‼️ ‘ダビデの星(オクラ)’発見♡

{9C90F943-D415-4B96-9C6E-626004CC0F42:01}

12日間畑を不在にした中でも、野菜達は自分の力でしっかり生きてくれてました。

さて今日から畑start😊 

今は動物たちの熱烈なお出迎えを受けてます♡可愛いなみんな😘

{40E677EE-B438-4FA8-97D2-24D29C9A4B6B:01}

帰国すると福岡のお母さんが

お握らずと…鯖と…お味噌汁と…明太子と…卵焼きとか
いろいろを用意してくれてた〜😭😭嬉しい…美味しい…

{59B8A41A-6AD8-4E9A-B23E-9078C922CE3D:01}

不在中にネット注文いただいた物は月曜日より順番に発送させていただきます😊ありがとうございます^ ^

—–

カテゴリー:イタリア 日記

2015.07.03 00:14

ラストナイトは…

ボナセーラ♡

只今ラストナイト中…0:15分

ラストはミラノ市内のホテルです。

ホテルにフリーWiFiがあったのでラッキー♡

今日の午前中は米農家さんへ行ってにました😊

ブログに書けていない農家めぐりについては…後でか…帰国してまとめる事になりそうです😢

そんな今日の夜はミラノ市内にある、消費者団体のGASの方々が交流会をしてくださいました😊

↓マルコさん♡

{B9D6948D-404D-4C7C-A7E5-EE8C346D81E9:01}
↓お土産に持参した風呂敷でパン入れを作ってみたら好評でした♡♡えへへ…

{B4F320AE-4455-4C7E-9E63-ECAB26EB71FD:01}
マルコさんの奥さんがたくさん料理を用意してくれて、お腹パンパン♡

{A8B46987-CA69-4972-BFB0-8E7162E213F6:01}
わいわい♪

{9F040212-9234-4EBE-98F5-68ABE370D8A2:01}
↓陽気なマルコさん(笑)

{0F8B332F-8FB7-4DE6-8FD3-C1501C15E280:01}
私たちの農業について、いろいろ質問攻めにあいながら、お互いの思いを伝えあってとっても楽しい夜となりました♡
マルコさんの奥さんの家庭料理。たくさんレシピを教えてもらったので帰ってからやってみたいと思います😊😊
あ〜あっという間の農家めぐりの旅でした😊
帰国したら…きっと忙しい日々がすぐに戻ってきます。
熊本では連日の豪雨で、友達農家さんの畑ではナスやピーマンが倒れている写真を見たのできっと、私たちの畑も…😱
きっと心構えが必要だ…。
でもこの旅は、これからの私たちの農業の為に必要な勉強の旅となったので何があっても前向きにいけると思います。と言いながらかなりビビッてますが…😂
明日はいよいよ出国です。
飛行機に12時間乗って…7/4の10時には福岡に到着してる予定です😊
飛行機の中で、2人でこの旅のまとめをしながら日本に向かいたいと思います😊

—–

カテゴリー:イタリア 日記

2015.07.02 08:49

マンマミーア

やっとWiFiの環境の場所にきました^ ^

WiFi端末が故障して…書きたい事が溜まってる(笑)

{513916C5-24CF-4AE0-BE96-F0441F1FDA4D:01}

さていよいよラストDAY‼️

米農家さんに行ってミラノへ向かいます^ ^

—–

カテゴリー:イタリア 日記

2015.06.30 22:57

盛りだくさんな日々

只今夜のら22じ59分。
やっと、部屋でゆっくり😊
昨日からお世話になってるアグリツリズモの部屋はこれまたカッコ良い♡
{E73F3811-984F-4424-8BDF-AA04148EFE3A:01}
階段も素敵♡

{1A9D40F3-8CF2-4A7C-90AB-ECA47803FA2D:01}
ご飯はヘルシー♡←助かる〜

{874FCBC2-07D8-43B4-9B59-8ED0BC9B6DD0:01}
ここ間にも、野菜料理がたくさん続いて
デザートの前にチーズ♡
私…チーズ苦手なんだけど…夫ちゃんは大好物😊
ヤギのチーズが、とっても気に入ったようで…
タマコの匂いがするって言いながらたくさん食べてました😊
あっタマコとは…うちで飼っているヤギの白玉粉の事です(笑)

{BBEECAA0-5488-4CEE-A0EA-B4B686AB3C76:01}
夜ご飯…とってもゆっくりで
20時にスタートして終わりは22時30
最後は目が半目(笑)
書きたい記事が溜まってる…でも眠たい…
ので寝ます(笑)
明日にまたまとめます😊
あはは😊おやすみなさ〜い😊

—–

カテゴリー:イタリア 日記

2015.06.30 22:52

種の農家さん

ピオンビーノにある有機の種農家さんにお邪魔してきました

{5D1444EE-81B0-417E-ACB5-A3B4FE9F492C:01}
最初に通してもらった所に種がたくさん置いてあったので、
あ〜ここは種屋さんなんだ〜
って思ってたら、種にする野菜を作ってる農家さんでした
種を作る農家さん初めてだ
{588A8D91-26FA-4463-95A5-A5B1EE25733B:01}
広〜い
ここは海沿いで売る為の野菜を栽培するのは難しく種を作る為の農業をしているそうです
年間で300品種のF1じゃない野菜の種の栽培
↓マンリオさん♡
マンリオさんとってもダンディで優しい方でした道に迷ってたどり着けなかったら農園なら10分くらいの所まで迎えににてくれました♡グラッチェ♡
{69EC48F3-0311-42CA-B3E9-25FCB9062A7A:01}

{556F2EA0-D485-42A4-A26E-C71249382FB7:01}

{29392B4B-DC3C-4B80-BF5E-F85C66C72BEA:01}
質問の嵐↓

{C7AE8FDB-1C49-42E0-8F78-94049E7F9616:01}
↓引っ付きまっつき

{4205F12C-1DA1-44A5-91C6-8FD4E60A6A26:01}
↓イタリア語分からないくせにガン見(笑)

{606E23BE-A02F-4149-A63D-377A0C2C7FC2:01}
↓イタリア語が分かる人みたいな写真(笑)

{268EF58B-7677-42E6-9E81-66F3629A902B:01}

あっ違う違う(笑)マンリオさんの話‼️


マンリオさんは言った
「ここで種の農家をするのは環境の維持の為だ。この土地の特徴を知り、無理せずこの土地に合うものを考えると種の農家だった。」

「この海沿いの町で売る為の野菜を作るなら、土にいろいろ手を加え無理をさせないといけない。そんな事はこの土地や環境にとって良い事じゃない」

ひゅ〜
ダンディだぞマンリオさん‼︎

1992年にEUの有機の法律ができたそうですが、マンリオさんの農園はそれより前から有機をしているそうで、そのきっかけは子供が出来たからでもあるそうだ。

イクメンでもあるのかマンリオさん‼️

ブラーボー

いろいろ規制があるのでマンリオさんの所で種は購入でしませんが、小屋に帰ってから種を見ながらこの野菜は、どの時期に蒔いてるのかとか、どんな気候の時に発芽するのかとか詳しく教えてもらいました

かなり勉強になった〜♡今までやり方を間違えてた野菜もたくさんあって…助かった〜

発芽しなかった理由や、その野菜の特徴など、その3年間で疑問に思っていた事がいくつも解決きました^ ^

マンリオさんも種を蒔いて、発芽しなかったらまた蒔いて…というのを今までにたくさん繰り返してきたそうで沢山の答えをくれました

グラッチェ♡

↓よくよく見てみたら…筋肉マンがガイコツ着てる(笑)

{CC3C8FBA-F170-4FCD-9D30-67227BF0C875:01}
最後は仲良く記念撮影

{950CB2DB-2A09-4BDB-9D52-627830F709AE:01}
そういえば…
イタリアで日本のかぼちゃが人気なんだそう…
「ほっかいどう」
と呼ばれている、手のひらサイズのかぼちゃ。
坊ちゃんかぼちゃとかかな?面白いな〜

というブログを昨日更新する予定が…WiFi端末の故障で無理でした…


旅にトラブルはつきものだ(笑)

—–

カテゴリー:イタリア 日記

2015.06.30 10:21

故障…

ここへきてWiFi端末の故障…

{3A36267B-7581-4ACD-9E43-0E17538D5431:01}

ちょっと更新出来なくなりそうです…

—–

カテゴリー:イタリア 日記

2015.06.28 09:00

さよならcosona

3日間お世話になったアグリツーリズモとお別れです^ ^

{DE240007-8CFC-4B90-AF19-11B7AE70F91E:01}

ここすっごくよかったな〜😊

キッチンも付いてたから自炊も出来て節約になりました♡

朝は日の出を見ながらカフェラテ飲んだり♡

{5818AB17-B47B-41DE-982A-BAC77675E95C:01}
気球に手を振ったり…(笑)

{F2276AF1-167F-4C4C-82D8-A948283FFFDF:01}
ブログを更新したりとっても楽しかったな😊

{76D2A0D0-68AA-4474-BA0D-3C830708CAD1:01}
今から、150キロ移動してピヨンビーノに向かいます😊

さよならcosona♡

{A4891370-DF5F-4D2B-8A00-369A105BB963:01}

—–

カテゴリー:イタリア 日記

2015.06.28 05:51

ワイン農家

今回はモンタルチーノのサリクッティという町のワイン農家さんへ😊

フランチェスコさん♡

{308E5743-159A-42D5-92F5-B90AC81C90F3:01}
20年前にここに移りすんで有機のワイン農家をはじめた😊
フランチェスコさんは言った…
「有機とは、自然のままに自然のサイクルの中で作る事だ」
肥料は使わず自己の力で根をはらせる。葉が落ちて、虫や微生物が働いて分解していく。そのサイクルに人間が、手を加えたらダメ。
日本の自然栽培に似た考えでした😊
フランチェスコさんは繰り返し何度も言った…
「有機とは化学的なものは使わず、環境を守る栽培の事だ。だからその土地を研究して、この土地に何が合うのかを見極めて、作るからには良い品質のものを作らなければならない。」
何度も何度も言った…
「その土地の自然に調和していること。おいしい物を作るにはその土地に合うものを作る。人間は自然環境を尊重しながら、その土地に合うものを作り、困った時には解決の努力しなければならない」
何度も何度も何度も言った…
「ぶどうはヤセている土地の方が良い品質のものができる。だから土は人間が手を加えてはいけない‼︎自然に任せるんだ」
何度も…何度も…何度も…
でも、私たちが野菜農家という事を知ると慌てた…(笑)
「ノーノーノー‼️これはブドウにいえる事で野菜は違うんだ。僕の言う通りにしたら野菜は育たないぞ。ダメだよ‼︎野菜は違うから」
それから何度も言った
「ブドウと野菜は違うんだ‼︎僕の言う通りにして野菜育たなかったらいけない。野菜は違うんだ」
それから何度も何度も言った♡
でも、フランチェスコさんのやり方は私たちの野菜の栽培のやり方にとても似ていて共感できる物がたくさんありました^ ^
あまりにも、興奮しているかやその事実は伝えれなかったけど😊
自然を大切にするフランチェスコさんの考えにリスペクト♡
{62D8687F-26F8-4782-8BAA-C6788DF51B04:01}

{4EECE282-1E2F-40B0-8180-BEA90D9B9CAC:01}
フランチェスコさんとっても熱い方でした。
思いをとっても感情豊かに話してくれて、1度の話に10分くらい勢いよく話しちゃうから終わったら毎回ハーハー😊
熱い男フランチェスコ♡最高の方でした😊

—–

カテゴリー:イタリア 日記

1 / 3123
訪問ありがとうございます(*^_^*)
元自衛官で熊本県出身の夫。
高校教師で福岡県出身の野菜ソムリエの妻。

2011年3月に自衛官生活1年に終止符を打ち、実家である熊本県合志市野々島で
無農薬・有機野菜の栽培を行っています。(*^_^*)