農園の日々

2015.06.26 05:33

有機農業の重鎮


ローマからペルージャに来ました^ ^

まず訪問したのはアルフレッタさんの営む農園^ ^

大きな森の中にある農園は…

森が100ha
畑が60ha…😱

私たちとは規模が格段に違う(笑)

アルフレッタさんの栽培しているものはコレ‼︎

見せ方がいちいちかっこいい〜

{E35FA572-4A3E-427D-B0C1-DA34113FF8BC:01}
上から
古代小麦
ひまわり
エジプト豆
アサ
大麦
レンズ豆
アワ
アサ
小麦
食事をいただきながらいろんな話を聞かせていただきました^ ^
ここはアグリツーリズムもしていて、宿泊and食事が出来ます。
↓ここは宿泊and食事の建物^ ^
{DD49A3BA-94DD-453F-A669-AEF367978D30:01}

アルフレッタさんも一緒に食事^ ^

{6BB2371C-317F-490D-A17A-E3C5B9FA7C35:01}

食事は70%が自分の農園のもの。

あっパスタの写真がない(笑)
どれもこれも、素材の味を大事にしたマンマの料理で美味しかった♡
食事をしながらアルフレッタさんにいろんな話を聞かせていただきました^ ^
EUの有機法が出来たのは1902年(たしかって言ってたアルフレッタさんw)
アルフレッタさんの農園が有機をスタートさせたのは1986年。
周りからは、頭がおかしくなったのかと言われながらも栽培を続け(どの国でもそう言われるんだな〜)
1300年から栽培されなくなった古代のスペルト小麦を見つけて、栽培しながら少しづつ増やしていったり…
たくさんの豆や穀物を栽培されていました。
アルフレッタさんは言った…
「私たちの有機農業とは、古い農業を引き継ぎながら、新しい技術を取り入れる」
ブラボー‼️←これイタリア語かな?(笑)
とっても共感できる考えでした。
私たちのやっている農業も一見は昔のやり方かもしれないけど(農薬も化学肥料も使わない)、その中でも新しい技術を取り入れて、作物作りを進化させていかないといけない。
なんか、アルフレッタがその考えをシンプルな言葉にしてくれたおかげで頭がすっきり(笑)
そしてアルフレッタさんは言った
「お客さんとの直接の関わりは大切。それが消費者にとっても一番の安心」
おいおい♡アルフレッタさんよ…ブラボー
安心・安全という言葉がよく言われている中、一番安心して貰えるには、どんな人が、どんなおもいで、どんな風に栽培したものかをお客さんが知った上で自らがチョイスする事。
アルフレッタさん…シンプルな言葉で大事な言葉をたくさん教えてくれました^ ^
それもも通訳のエリママさんがすごいのか?
なんだか、そういった大事だと思う事をいままでは、理屈をづらづら長く言葉で表してしまっていた気がします。
シンプルが一番胸にズキュン♡
そのあとは、農園を案内してくれました。
なんさんデカイ(笑)
↓なんかこの道うちに似てる気がする^ ^
{7ED67C4F-7549-45D8-9252-26F8FCFB09C7:01}

{E4528848-D707-4558-A31F-4336DC8AD378:01}

{3197248A-7404-4D9A-89D3-EE3D7AFD042A:01}
↓製粉機

{552AA433-5912-49C3-B3C8-C6009FC94BDF:01}
↓アルフレッタさんの商品

{B1DEFCBA-3CDC-47E5-AD17-067B2EE8B46F:01}
デカくておったまげ😳

古代小麦。

あっ成田でテンションあがって…クイックネイルでイタリアカラーにしてもらいました(笑)浮かれてますね完全に(笑)
{196758A3-FF81-4BD4-B40D-A77C45DA44F9:01}
イタリア語分からないけど、めっちゃ聞いてる風↓(笑)
ちゃんとエリママが通訳してくれます^ ^

{7C1D62BB-A64F-4319-A960-FAAFFE52A5E3:01}
最後に、記念撮影♡

{901BA6ED-3C03-407C-9CFE-5C79FCD2D8CD:01}
おいおい夫ちゃんよ…記念撮影なのに目つぶっちゃってるよ(笑)
それも記念♡
楽しかったなアルフレッタさん^ ^
今日の晩御飯にスペルト小麦を連れて帰りました^ ^

—–

カテゴリー:イタリア 日記

訪問ありがとうございます(*^_^*)
元自衛官で熊本県出身の夫。
高校教師で福岡県出身の野菜ソムリエの妻。

2011年3月に自衛官生活1年に終止符を打ち、実家である熊本県合志市野々島で
無農薬・有機野菜の栽培を行っています。(*^_^*)